石積みの種類

割石積み

谷積み(矢ノハ積み)
一般的な積み方で宅地や擁壁、河川など幅広く施工されています。
「寺勾配」と言って勾配を上部に行くほど起こしていくとお城のようになります。
亀甲積み
亀の甲羅のように加工して積む方法です。
宅地やお墓などに加工します。 手間がかかる積み方です。
布積み
石を一列に並べていく方法です。
レンガの積み方に似ています。
階段石という種類に加工し布積みにすると、石の階段になります。

ページの先頭に戻る

玉石積み

玉石積みは自然のマルミをそのまま活かして積んでいく方法で、宅地や河川の護岸に施工されます。
割石と同じように勾配を「寺勾配」にすることも可能です。
現在では胴込めにコンクリートを使うのが一般的ですが、「空積み」と言ってコンクリートを使わない積み方もあります。 古い石積みの多くは、この「空積み」です。

35cmを使用
30cmを使用

ページの先頭に戻る

巨石積み

自然のままの石を組み合わせながら自由自在に積み上げていきます。 直径が45cmから大きいものは150cmを越える物まで、その用途により使い分けます。 石にも”顔”と言われる面があり、その顔を活かしながら加工すると良いものになります。

段積み
谷くづし
同じ径の丸い石を並べる積み方

ページの先頭に戻る

特殊な石積

いろいろな形の石を組み合わせ、
目地をなるべく空けないように積む。
四角い石を大小混ぜながら変化を持たせて積んである。

寺勾配
右の図のように、石積の勾配を3分勾配から垂直にする組み方、高さに対して、7:3で勾配を変えると、よりきれいに見えます。
階段石という種類に加工し布積みにすると、石の階段になります。
石積の勾配を3分勾配から垂直にする組み方

ページの先頭に戻る

やってはいけない積み方

縁切れ
縁切れ
必要以上に目地が開いていて、
石と石がかみ合っていないように見える。
四ツ目
四ツ目
八ツ目
四ツ目

ページの先頭へ戻る