宮下建設工業の歩み

  1. 会社の設立、作業手段
  2. 家庭・家族について、友人との出会い作業手段
  3. 社屋完成、社名の変更
  4. 仕事の移り変わり、県知事賞受賞
  5. 箱物への展開と自信、社内の充実
  6. 総合建設業への躍進、地域社会と共に

会社の設立、作業手段

宮下建材誕生 昭和34年頃、石工職人としての修行を終え、この生まれ育った中川村にて仕事を始めた。
会社を設立する前段である宮下建材の誕生である。私の家は、自分で言うのも変ではあるが、貧しく食うや食わずの家庭環境であり、又、兄弟も多く長男である私が、家計を助けなければならなかった。手に職を持ち、自分の力で出来る職業として石工の道を選んだのである。昭和28年、建設省伊那出張所の工事である中川橋下流左右両岸堤防工事を学生の頃手伝っていた折、宮澤傅一氏と知り合い、以後私が独立した際共に仕事をする仲間となった。又、昭和36年には、三六災害と呼ばれる災害に見まわれ、特に中川・大鹿両村の被害は、ひどいものであった。今も天竜川を見るたびに当時のことを思い出す。そして、私が仕事をした堤防が今もなお残っているのはまたうれしい限りでもある。

この災害は、地域住民の方にとって非常にいたましいものであったが、復旧・復興工事に携わる工事業者にとっては、当時大きな事業であった。何をかくそう宮下建材が成長したのもこの事業のおかげでもある。
昭和38年、三六災害の復興事業により、個人業としては規模が大きくなり又、税務的な面も考え、当年10月に宮下建設有限会社を設立し発足した。会社設立にあたり一大決心をしたというより、自然の流れの中で設立したということであろう。

当時の作業風景当時の作業は、すべてが手作業であった。石の採掘にはツルハシとバールにて堀りおこし、運搬はモッコで行った。土木工事も同じであった。また、コンクリート練りは、鉄板の上で手作業で行い、手には豆ができ、つぶれてはまたできの繰り返しであった。
昭和35年頃だったと思うが、初めて自動のミキサーを購入し、コンクリート練りの自動化を図った。購入にあたっては費用面で悩んだが、使ってみると機械ってすごいなと改めて思い知らされた。
このミキサーは、今も管理センター奥の倉庫に記念に保管してある。
いつの日か、若い従業員に見せ、話をしたいものである。

同時期には私は、運搬用としてトラックを購入した。今も覚えているが、ニッサンジュニアというディーゼル車で6tの車であった。36災害復旧作業の折には、この車を持っていたおかげで、大鹿村お間組まで石の運搬を行った。業務の幅が広がったわけである。

作業着当時、工事用の石材は、どんな石でも持ってこいというほど不足しており、私は、石材の確保と採掘で、寝る暇もなく作業を行った。このおかげといっては語弊があるが、今では、南信地区一、県下でも有数の規模を誇る工事用石材を保有する企業となっている。

  1. 会社の設立、作業手段
  2. 家庭・家族について、友人との出会い作業手段 >>

ページの先頭へ戻る